一覧

ID ManagerでのXMLファイルの出力

  • メニューの「ファイル」→「データのエクスポート」→「XMLファイルへの書き出し」を選択し、ファイルを出力してください。

XMLファイルの読み込み方法(iPhone/iPad-ブラウザ)

  1. ID ManagerでXMLファイルを出力します。
  2. iPhoen / iPadをWi-Fiルーターに接続して下さい。
  3. PManagerを起動し「ファイル読込」をクリックして下さい。
  1. 画面内のアドレス(http://…)をPCブラウザのアドレス欄に入力します。
  1. ブラウザ画面の枠線内にxml/pdtファイルをドロップして下さい。
  2. iPhone / iPadを確認し、パスワード入力画面が表示されれば読込完了です。

XMLファイルの読込方法(iPhone/iPad-有線接続)

  1. ID ManagerでXMLファイルを出力して下さい。
  2. iPhone/iPadをPCとUSB接続します。
  3. iTunesをPCにインストールし、iTunes起動後、端末ボタンをクリックします。(下図赤枠)
  1. iTunesの左のリストから「ファイル共有」→「PManager」を選択して下さい。
  2. iTunesの右のリストを下までスクロールし「ファイルを追加」ボタン押下後、XMLファイルを追加して下さい。(下図参照)
  1. ファイルの追加完了後、PManagerを起動し「ファイル読込」から「PC」タブを選択し、ファイルの読込みを行って下さい。

XMLファイルの読み込み方法(iCloud)

  1. ID ManagerでXMLファイルを出力します。
  2. PManagerを起動し→「ファイル読込」→「iCloud」タブを選択します。
  3. iCloudドライブ上に「PManager」フォルダが作成されます。
  4. 「ファイル」アプリ等(下図)で「iCloud」の「PManager」内フォルダにXMLファイルをコピーして下さい。
  1. PManagerに戻り、「再読み込み」ボタンを押します。
  2. 一覧から追加したファイルを選択します。
  3. ファイル読込成功後、パスワード入力画面が表示されれば読込完了です。
  • XMLファイルは暗号化されていない為、クラウド上や端末上には残さない(削除する)ことをお勧めします。
  • ファイルが一覧に表示されない場合は、下記を確認して下さい。
  • iPhone / iPadの「設定」→一番上のアカウント名(Apple ID,…)を選択→「iCloud」を選択、「PManager」がONになっているか。(下図)
  • ONになっている場合は、PManagerで仮のデータを新規作成し、「設定」タブからファイルをiCloudに出力して下さい。
  • PManagerフォルダがiCloud上に作成されます。手順2からやり直して下さい。

XMLファイルの読み込み方法(Android-ブラウザ)

  1. ID ManagerでXMLファイル出力して下さい。
  2. アプリケーションの初期画面から「ファイル読込」をクリックし、次の画面で「ブラウザ」タブを選択します。
  1. 画面内のアドレス(http://…)をPCブラウザのアドレス欄に入力します。
  1. ブラウザ画面の枠線内にxml/pdtファイルをドロップして下さい。
  2. iPhone / iPadを確認し、パスワード入力画面が表示されれば読込完了です。

XMLファイルの読込方法(Android-有線接続)

  1. ID ManagerでXMLファイル出力して下さい。
  2. PCとAndroid端末をUSBケーブルで接続します。
  3. Android端末の「USB接続の用途」を「ファイルを転送する」にします。
    (端末によって操作が異なります。)
  4. PCでXMLファイルをAndroid端末の内部ストレージかSDカードのルート等にコピーして下さい。(※フォルダ内でも構いません。)
  1. アプリケーションの初期画面から「ファイル読込」をクリックし、次の画面で「ファイル」タブ選択状態で「ファイル選択」をクリックします。 ファイルのピッカー画面が表示されます。
  1. ピッカー画面でPCからコピーしたファイルを選択してください。

※内部ストレージが表示されていない時はピッカー画面のオプションから表示可能です。

  1. パスワード設定画面でパスワード設定後、ファイルが読み込まれます。

ピッカーでのクラウドへの読込・保存について

  • Android端末でGoogleアカウントの設定やOneDriveアプリ等をインストールしている場合、ファイルピーカー画面からGoogleドライブやOneDriveへの読込・保存が可能となります
  • XMLファイルは暗号化されていない為、クラウド上や端末上には残さない(削除する)ことをお勧めします。

ログインパスワードについて

  • 入力したパスワードを用いAESで暗号化後、アプリケーションデータとして保存します。

パスワード等のコピー方法

  1. ログイン後、リストからアイテムを選択し、アイテム画面を表示します。
  2. IDやPassword部分をクリックします。
  3. クリックしたアイテムがクリップボードにコピーされます。
  4. ブラウザ等で貼付して下さい。